プレシーズンマッチ富山戦前篇

世間はW杯一色ではあるが、ひっそりとプレシーズンマッチをするサンガ。
選手たちは土曜日まで御殿場でキャンプを実施して羽田から富山に移動。
やはり、数週間もサンガを見ていないと禁断症状が出てしまう(笑)

なので富山に行ってきます。

昨夜は18時半から藤沢でスポーツクラブの仲間たちと飲み会。
飲み放題食べ放題の居酒屋に行き、さらには22時過ぎまで二次会でカラオケ。

しかし、飲み会の席に旗棒や応援道具を持ってくるなんて…


どうかしてるぜっ!


上野駅まで出て今夜は急行能登で富山を目指す。

3月に寝台特急北陸が廃止された今、
東京と北陸を結ぶ唯一の夜行列車。
週末しか運転はないが、週末だけでもあるだけ重宝する。
例え北陸新幹線が出来たとしても急行能登も臨時で残してもらいたい。

余談だが、金沢車両センターのボンネットの489系が3月で廃止となり、現在は新潟車両センターの485系を使用。
この485系はムーンライトえちごでも使用。ただ、乗務員は上野駅からJR西日本の人だったのは違和感があるな(^^;

車内はガラガラなので席も使い放題。
なので前の席を回転させてボックスシートとして足を伸ばして就寝。
飲み会の疲れもあり北本を通過してから爆睡。
気が付いたらすでに富山県。
やはり夜行列車は車内で寝られないか寝られるかは大きく違う。
朝5時42分の定刻に富山駅到着。
夏だとは言ってもさすが日本海側にある北陸地方。
雨が降っているのもあるけど肌寒い。

さらに富山駅は4月から改修工事が始まり仮設駅舎となっていて一昨年とはかなり違う。

駅前で探索したりボーッとしつつ富山駅北口へ移動。
ここから富山ライトレールに乗り岩瀬浜へ。
富山ライトレールとはかつてはJR富山港線だったが、駅の間隔が短い事や車両の老朽化もありLRTに変更。
富山駅北から途中の奥田中学校前までは路面電車で、そこから先は専用軌道を走る。
富山ライトレールに乗る事約25分。
終点の岩瀬浜に到着。
 
ここは富山港がすぐ近く。
運河を見つつ日本海を見てきました。

帰りは再び富山ライトレールで富山駅北へ。


車内を見るとブルーリボン賞のエンブレムが

そうか、2007年には富山ライトレールが受賞していたのね。

富山駅に戻ってやはり特急街道北陸本線の車両を撮りたくなるのが鉄ちゃんの悲しい性(笑)
まずは8時出発の特急ひだ
名古屋とか岐阜ではよく見るけど富山には1日数本しか来ないので記念に撮影

さらには8時03分には大阪行きのトワイライトエクスプレスも撮影。

やはり、北陸地方の特急を見るとついつい撮影したくなるね。
おっと、おいらも高山本線に乗らないと(^_^;)

そこから今度は高山本線に乗り速星駅へ。
速星駅から徒歩10分ちょっとでアル・プラザ富山ファボーレ到着。

ここには天然温泉ファボーレの湯があり、夜行列車の疲れを取る。

汗を流して温泉にのんびり浸かっていると本当に生き返る。

すっきりしたところで続きは後篇で
カテゴリー: サンガ遠征記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中