京都サンガU-18PKに泣く

今日行われた「第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 adidas CUP 2009 準決勝」で、
京都U-18はC大阪U-18と対戦。

おいらは仕事の為に三ツ沢には行けませんでしたが携帯で速報をチェック。
前半は0-0だったが後半に立て続けに失点し0-2となる。
しかし、その後2点取り返して同点。

そのまま延長戦に突入し、前半後半各10分ずつでも決着がつかずPK戦に。
PK戦は4人目にC大阪の選手が外して5人目が決めるのかな?
と思ったら外してしまいサドンデスに。

そのままキーパーまで蹴るが決着がつかず12人目の井上寛太が外して万事休す。
試合はこのままC大阪に敗れ決勝進出を逃してしまいました。

本当に選手たちは悔しかったでしょうね。
でも、Jユースカップもあるしこの悔しさを糧にしておくれ。

そして、チームは変わるがU-18の仇をトップチームが討って晴らそうよ。
さて、おいらは仕事帰りに日産スタジアムに寄ってきました。

たまには場所取りを前日からしようかな?
と思ったら既に場所取りをしているサポーターチームがある!!!

とりあえず前日の20:20に場所取りをしたけど悔しいわ。
だって、1番乗りしたサポーターチームとは40分差だったわけだったから…

明日は日産スタジアムでお会いしましょう。

カテゴリー: 京都サンガ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中