川崎から鶴見

一昨日、何も予定がない
と書いたのでどうしようかと考えていましたが、
午後から出かけることにしました。

まずは川崎まで出て南武線に乗ることに
珍しく南武線の209系に乗れました。

どこまで行くかと言うと隣の尻手駅
ここから南武支線に乗り換えです。

南武支線と言うと最後まで101系が走っていた盲腸線。
今は205系に変わったものの101系の最後と似たような
クリーム色と緑色のラインは踏襲されているんですよね。

この南武支線の終点浜川崎駅に行きました。
浜川崎駅の造りを見るとなんとなく
ホームズスタジアム神戸近くのJR和田岬駅を思い出してしまうね。

ちなみにこの浜川崎駅は南武支線と鶴見線のホームが道を挟んで離れています。

ちなみに浜川崎駅で写真を撮っている合間に鶴見線が出てしまい、
約1時間、次の電車を待つ羽目に…(>_<)

仕方がないので近くのJR貨物の浜川崎駅を見たり周辺を探索していました。

この辺りは工業地帯でもあり海も近いので工場の油などの匂いと潮の匂いが混ざって
何ともいえない匂い。
なんだかんだで後続の鶴見線が来たので乗ることに

ここから鶴見まで鶴見線で移動
どうにか鶴見まで戻ってきました。

もうちょっと時間があったら鶴見線の大川支線や芝浦支線も乗ってみても良かったですけど
時間がなかったので今回はパス
でも、首都圏にいながらみんなローカル線に乗ってきた午後でした。

カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中