第7節新潟戦

すいません、八百長試合の為、精神的に何も書けません。
落ち着いたら後日まとめて書きます。

2年ぶりに行きます新潟へ!
昨年から新潟スタジアムビッグスワンもネーミングライツで東北電力スタジアムビッグスワンに変わったみたいですね。
東京から乗ったのが2年前と同じとき313号
これは1日に1往復しかない新潟駅までノンストップ便
さすがに97分で到着するのはとても魅力♪
DSCF1018 DSCF1019
いきなり指定席に座ったら団体旅行のグループの真ん中
真ん中に部外者がいて浮いていたことと
爺さんばかりでうるさいので自由席に移動して3列シートを独り占めしてくつろいでおりました。
朝からビールとチーズ鱈をつまみに飲んでいました。
あとは途中でお昼寝もしましたよ。
DSCF1020
さて、新潟駅に無事着きました。
隣のホームには初代MAXことE1系が2編成止まっていました。
バスの時間までしばらくあったので駅ビルで買い物をしたりしていました。
DSCF1023 DSCF1022
バスで移動してビッグスワンに着きました。
隣では広大な駐車場の土地を利用して野球場を建設していました。
まだ鉄骨で内野席しか作っていなかったのでいつ完成かわかりません。
でも、完成したらプロ野球の試合を誘致してほしいですね。
DSCF1024 DSCF1026
今日のお昼御飯はみかづきのイタリアン
Wikipediaによると
イタリアンとは、新潟県中越・下越地域独自のファーストフード・ジャンクフードの一種である麺料理。カフェテリア型のチェーン店で販売されている。
概要
名前から想像されるスパゲティの類ではなく、もやしを多く用いた「洋風ソースかけ焼きそば」である。
焼きそば同様に蒸した中華麺が原材料である。油を多量に用いた太目の炒め麺に、キャベツ、もやし等の具を加えてあり、焼きそば、もしくは焼きうどんに類似するが、塩気は少ない。
ミートソース以外で麺に上掛けするソースの種類には、ホワイトソース、エビチリ、カレーソース、麻婆豆腐などがあり、ハンバーグやオムレツを麺の上にトッピングしたものなど、種類が多い。
なお、滋賀県長浜市でも「茶しん」という店で売られており、地元のソウルフードとして名高い。 こちらもミートソースっぽいソースが上にかかっているがトマトベースのものと明らかに違い、独特のソースである。

食べてみましたがまあまあの味
値段も310円で販売していましたので本当に一品料理というかファストフードですね。
さすがにこれを毎日食べろ!と言われても無理でしょうな(^_^;
DSCF1025
イタリアンを食べた後、トイレに行く途中でスタジアムの展示館があったのでちょっと覗いてきました。
2002W杯のビッグスワンで戦ったクロアチア、デンマーク、アイルランド、メキシコ、カメルーン、イングランドの選手のサインボードが展示されていたのはいいですね。
メキシコのだけはヨゴレおやじさんの為に撮影しておきました(笑)
 DSCF1027 DSCF1028
開門しました。
スタジアム到着時は晴れていましたが開門直前に雨が降ってきました。
ただビッグスワンは屋根が付いているので屋根の下で雨宿りをしていました。
DSCF1031 DSCF1030
雨宿りをしながら日本酒といかの焙り焼きをつまみに飲んだくれていました。
わかの観戦日記の東北電力スタジアムビッグスワンの紹介ページ
サキイカと4合ビンの大吟醸酒という組み合わせで試合を見たい
と言うのがあったので大吟醸酒とはいかないが、サキイカと純米酒で前座試合を見ていました。
DSCF1029
試合前には新潟サポーターが選手の励ましの横断幕を出していました。
さらに試合直前にはビッグフラッグとビッグユニフォームが出てきました。
でも、ビッグユニフォームは毎年変わるからすごいですな(^_^;)
DSCF1032 DSCF1034
試合は本当につらかったです。
前半4分に新潟のアレッサンドロがヘッドで決めて先制されました。
しかし、サンガもシュートを打つがなかなか決まりません。
事件が起きたのは前半43分
シジクレイが新潟FW矢野との競り合いで肘が顔に当たったというジャッジで2枚目のイエローで退場
リプレーで見てみましたが、矢野の顔に肘が当たっていないのに矢野がシミュレーションで倒れてそれを主審の佐藤隆治がファールの判断
当たってもいないのにファールをとるってどういうことでしょうか?
これにシジクレイはものすごく抗議
膝を地面についてものすごく悔しそうに地面をたたくシジクレイ
さらに大泣きでピッチを去りました。
シジクレイはもともとクリーンなプレーをしているのにこのジャッジで納得できるはずがないですよね。
次は後半も10人で攻めていたのに今度は後半37分にアタリバが「ゴールキックに対して後ろを見ずに下がった」際に矢野にひじが入ったとされて一発退場。
さらに、後半37分に増嶋は後方から矢野と普通に競っただけなのに、2枚目イエローを受けて退場。
さらにさらにこの滅茶苦茶なジャッジにキレた加藤監督もカラーコーンを蹴ったことと執拗な抗議で退席処分
今まで1試合で4人も退場になるなんて聞いたことがありません。
主審の佐藤は一体京都に恨みでもあるのか?
と思えるほど糞ジャッジ
昨年のちょうど今頃に愛媛戦で主審の唐紙がやはり不可解なジャッジで退場させまくりと言うのがありましたけどあれよりひどい。
あんなジャッジの中、残りの8人は本当に頑張っていました。
勇人、森岡、田原なんかは試合が終わるまであきらめずに走り通していました。
試合終了後に選手たちが挨拶に来た際に、
何であんなに頑張っていたのに報われないんだ!
と泣いてしまいました。
今まで試合を見て嬉し涙と言うのはありましたけど、
試合に負けて悔し涙を流したのはサポーターを10年以上やっていて今回が初めてでした。
本当にあの不可解なジャッジをした佐藤は二度とサンガの試合で笛を吹いてもらいたくないですね。
あいつの基準では矢野と競り合ったらだめなのか?
それほど矢野を溺愛しているとしか考えられませんよ。
まさか新潟サポータが試合前に歌う曲じゃないけど
矢野を「愛さずにはいられない」のか?
あんなジャッジをコロンビアリーグでしたらサポーターが乱入して殴り殺されるか、
ギャングとかに撃ち殺されるでしょうな。
もしくは家本みたいに無期限指名停止処分でも受けたほうがいいんじゃない?
本当に帰りの新幹線でも今日の審判団が乗っているんじゃないかと全車両チェックしてましたよ(笑)
でも、この悔しさは次の試合で晴らしましょう。
DSCF1033
試合後は新潟駅近くの居酒屋壱勢で飲んでいました。
さすがに日本海に面していることもあり魚がおいしいですわ。
20時に途中で上がり新幹線で帰りました。
新潟の夜の寒さが身にこたえるのは寒いからだけじゃないんだろうな。
DSCF1035 DSCF1036

カテゴリー: サンガ遠征記 パーマリンク

第7節新潟戦 への2件のフィードバック

  1. sangarian's より:

    お互いにお疲れ様でした酷い試合でしたが、選手は良くやってましたあれを見せられたらねで宴会ですが22:00までグダグダやってましたよ魚美味しかったね後で請求書行くと思いますので宜しく(笑)

  2. 関Taka より:

    お疲れさまでした。お金はちゃんと払いますよ。ただ、利子はつけないでね。お・と・な・ですから(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中